ebc blog

« 牛丸 | 新波 | 椎茸 »

新波

カテゴリー: Tsutsumi — 堤岳彦 @ 2012 年 3 月 9 日6:46 AM

2月17日、毎年2月から5月まで行われる藝大デザイン科描画系の展示「ShinPA!!!!!!」の搬入に長野県小布施まで行ってきました。
この時期の小布施はまだ雪が残っていますが、雪の質がさらさらしていて気持ち良いです。

ここ数年は会期前日に搬入及び飾り付け。
その日は先生や画商さん方と共に旅館に宿泊し、次の日(会期初日)にギャラリートークというスケジュールになっています。

なので、この日は出展メンバーがほぼ全員集まります。

現地集合なので、電車の人、車に乗り合わせて来る人、さまざまです。

会場は先生の名前のついた美術館。

「おぶせミュージアム・中島千波館」です。

先生は花の絵もよく描かれるので、ミュージアムの庭には大きな花をつけるボタンやチューリップなど色とりどりの花が植えられています。

この時期はさすがに咲いていませんが、春になるととてもキレイな光景が見られます。

さて、みんな揃ってきたところで作品設営開始です。

専門業者さんがパーテーションを移動してくれています。

このミュージアム、部屋数は多くないですが、展示会場はなかなか広いのです。

この展示は「大作」を出品する事が求められているので、背丈よりも大きな作品もざらなのですが、それでも小さく見えてしまいます。

どんどん開梱していきます。

作品は「タトウ」と呼ばれるダンボール箱に収められています。

主に専門の業者さんに作ってもらうのですが、これがあると作品の移送や出し入れに便利です。

額ごと収める場合も、その寸法に応じてぴったりに作ってもらえます。

タトウの中の作品は「黄袋」と呼ばれる、まさに見たまんまの黄色い布袋に入っています。

ShinPAでは、搬入出の際にみんなで手分けして作業するので、無駄な手間がかからないように「タトウ」「黄袋」は必須ルールになっています。

作品が大きくてパネルを分割していた人は、ここで組み立てたり仮縁をつけたりと作業を行います。

あ、関係ないけどこの奥に写っている2作品が、僕の出展作です。
「さかな」と「すいか」です。

作品は基本的には天井のピクチャーレールからワイヤーフックで吊るします。

なので、作品の背面にはフックがかけられるように金具などを取り付けておく必要があります。

そういう準備をしてこないと、この人↑みたいに慌てて取り付けなければいけません。

開梱が一段落すると、大抵こういう光景があちこちで見られます。

みんな、他の人の作品がどう描かれているかに興味津々なのです。

特にこの作品は背景全面がすごくフラットな金箔なので、それについて話していいるものと思われます。

実際、僕もどうやっているのか質問しちゃいました。

今回は珍しく立体作品があります。

中島研は「描画研究室」なので、立体作家はほとんどいないのです。

展示室はもう一つ、ガラス張りの小さな部屋もあります。

こちらは比較的高さの低い横長の作品や、屏風作品などを飾ります。

設営には当然、ガラスの向こうの細い通路に入って行くわけです。

角を曲がるのが大変なんですね。

とりあえず仮で位置決めしたところくらいで、お昼休憩。

昼食食べに行く道すがら、時期を同じくして開催中の「手書き絵馬展」を発見。
ShinPAメンバーも多数出展しています。

やっぱ干支の龍が多いっすね。
右下の赤いだるまの絵馬は僕の作品です。

さて、午後の部、千波ちゃん登場。

いえ、千波先生ご到着。

作品配置についてチェック入ります。

横にいるのは秘書の方です。

……ウソです。我らが金丸お兄ちゃんです。

はい〜移動しま〜す。

こういうのを繰り返して部屋全体で作品配置のバランスを調整します。

今回はけっこう配置が決まるまでが難航しました。

配置が決まったら、ワイヤーに吊るして、高さを統一して、水平を調整して、キャプションはって、照明の調整……とまだまだ色々あります。

さて、ブログ書きながら気付いたのですけれども、僕、写真ここまでしか撮ってないんですね。

飾り付け終わった会場風景も、次の日のギャラリートークも、一切撮ってないんですね……。

というわけでですね、後は是非会場に足をお運び下さいという事で……。

因みにですね、毎年、展覧会図録を作っているのですが、僕がデザインを担当しています。

それから、夏に東京展として「佐藤美術館」というところで巡回展を行います。

さすがに小布施は遠いわ〜という方は是非東京展の方にいらして下さい。

それでは最後に、旅館から見た雪景色でお別れです。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.ebcenter.jp/blog/wp-trackback.php?p=1825