ebc blog

« 椎茸 | 美食 | 城山 »

美食

カテゴリー: from ebc — タグ: — 堤岳彦 @ 2012 年 6 月 5 日12:55 AM

(続き!)

いよいよ本題。

15時過ぎ、ついに千葉県山武市にあるイタリアンレストランUshimaruに到着です!

こんな家に住んでみたい……。

前日徹夜だったので車中で爆睡していたしいたけ娘。

お店はランチとディナーの間のお昼休みの時間です。

ディナーの営業までに設営を終えて片づけなければいけないので、だいたい2時間くらいしかありません。

前回の作品を降ろして梱包すると同時に、今回持参した作品を開梱していきます。

とりあえず、一旦、全部出す。

メンバーも、ここで始めてお互いの作品を知る、ということもしばしば。

作品の背面にワイヤーを取り付けている妹の作品をチェックする兄。

険しい顔つきになりました……。(注:撮影の為の演出です)

久野の作品は、今回も同じ場所へ……

やっぱり、他の場所へ……

と、こんな風にとりあえず仮で置いてみながら、作品の内容やサイズによって展示の位置を検討していきます。

ある程度同じ作家の作品でまとめて統一感を出す事もあれば、飽きさせないように全く違ったタイプの作品を並べたりもします。

Ushimaru店内は、厨房に隣接した大部屋と奥の小部屋に分かれています。

大部屋の壁には4つの窓があり、その面には窓を挟んで5点の作品を飾る事になります。

ここには10号〜15号くらいの作品が合うので、ちょうどいいサイズを持ってきていた金丸お兄ちゃんと長谷川を窓を挟んで交互に飾る事にしました。

二人とも前回は小部屋に作品を飾っていました。

反対に、前回大部屋だった茂木(本日欠席)と久野の作品は小部屋に飾る事にしました。

前回と展示の雰囲気が似ないようにする工夫の一つです。

なんか目が死んでいる感じのリーダー。(たまたまです)

水平を計る下っ端コンビ。

前回よりかなり手際よく作業は進み、展示はこんな感じになりました。

リーダーの絵はケーキ。

トイレの脇のスペースにも飾ってあります。

金丸お兄ちゃんと長谷川の絵は窓を挟んで交互に飾られています。

お兄ちゃんは家の絵。

長谷川はカラフルな色彩の風景です。

遥ちゃんの作品は金魚をモチーフとした樹脂の半立体。

その奥に小部屋があります。

入ってすぐのところには茂木の作品。

茂木の作品は小さい丸が無数に描かれた抽象です。

イラストレーター久野の作品。

彼にしては珍しく絵具で描いています。

長谷川の小品もここに飾られています。

さて、設営もなんとか時間内に終わり、ディナータイムです。

ランチがだめならディナーを!という事で、せっかく来たのだからUshimaruの味を楽しんでいこうと思います。

今回のメンバーはあんまりお酒を飲まないので、ワインになる前のブドウジュース。

新タマネギのスープ。モッツァレラチーズがのっています。

ダイヤモンドポークの生ハム。

食材や器など、千葉のものにこだわっています。

このガラス製の器も千葉のガラス工房のもの。

とっても美しいのです。

不相応にオサレな料理を目の当たりにして半笑いのままフリーズする青年。

カルパッチョ。魚の下にスライスされたウドがいます。

キンキンに冷えたガラスの器がまたきれい。

非常に珍しいという天然のうなぎ。

海にいる状態で捕えているので、泥臭さがないのだそうです。

昼の天丼屋でうな重食べなくて良かった。

サラダ。野菜はお店の脇の畑でとれたてのもの。山菜も入っています。

どの野菜も驚くほど味が濃いのです。

イノシシ肉(だったと思う)のミートソースパスタ。

ここで焼きたてフォカッチャの登場です!

目の前で切り分けてくれます。

熱々なので切り口から湯気がたちのぼります。

「お口直しに」と出てきた小さなシャーベット。

そしてお肉!

「小さいんですが」と出てきたのはダイヤモンドポーク。

そうか、小さいけれどメインという事はどんだけお高いのだろう、この肉……。

などと思っていると……。

!!!!!

なんか出てきた!?

なんとイノシシの肉が待っていました!

大変お世話になっているマネージャーの鈴木さんが切り分けてくださいました。

じゃん!

食後にデザート。

ヨーグルトが添えられた牛乳アイスクリームと、お米のプリン。

いや〜すっかり満腹になりました!

もう作品の事とかどうでもいいグルメブログのようになっていますが、どのお料理もホントに驚きの連続です。

皆さん、機会があったらぜひお食事しに来てみてください!

食事しながら、次回の展示企画についても話し合いました。

現場で店内の状況見ながら話を進めるのが一番手っ取り早いですからね。

また次は3ヶ月後です。

料理に負けないくらい素敵な作品を制作するため、これからメンバーそれぞれがんばります!!

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.ebcenter.jp/blog/wp-trackback.php?p=1874