corona

タイトル:オープンアトリエ「Decarco-Animal(デカルコアニマル)」
会期:2009年1月1日(木)〜4日(日)12:00〜20:00
パーティー:4日(日)15:00〜
参加作家:堤岳彦、金丸悠児、舌間友美、井上禎幸、山内唯志、金丸遥、菰下由利子、茂木あすか、三浦悠大、こまめ。、大形拓嗣、上岡靖範、富樫美鈴…計13名


百合ケ丘のアーティストたちが、元旦からデカルコアニマル!

今回のオープンアトリエは2009年1月1日から開催しました。 イベントでは恒例のワークショップ「デカルコアニマル」に加え、 過去の来場者に作成していただいた色とりどりのデカルコアニマルを用いて作成した、企画的な作品も展示しました。







デカルコアニマルとは

今回で4回目になる恒例のワークショップです。 紙に絵の具をつけ、ペタッと二つ折りにして開くだけ。 それだけで美しい形が出来上がります。 誰もが経験する遊びですが、開く瞬間のドキドキは大人になっても変わりません。 とても簡単なので、どなたでも参加することができます。

「デカルコアニマル」の名称は、「デカルコマニー」という、無意識を表出させる表現技法と「動物(アニマル)」による造語です。 偶然が生み出す不思議な形を、動物(生物)と見立てて表現しています。様々な色や形の中から、自分の動物を見つけてみませんか?