YURIGAOKA ZOO

タイトル:オープンアトリエ「YURIGAOKA ZOO」
会期:2008年3月28日(金)〜30日(日)
参加作家:堤岳彦、金丸悠児、金丸遥、深海武範、山内唯志、井上禎幸、茂木あすか、菰下由利子
個性もルーツも様々なメンバーが集まるアトリエを、動物園にたとえました。今回はデカルコマニーと言う表現を使った 来場者参加型の作品も登場しています。



企画作品 『デカルコ・アニマル』

紙に絵の具をつけてぺたっと二つ折り。

誰もが経験する遊びですが、開く瞬間のドキドキはいつになっても変わりません。
様々な色や形の中から、自分の動物を見つけてみませんか?

作品
作品
作品
作品

用意された色紙に絵の具をのせて、二つに折ります。開いてみると、、。全く想像もできなかった色と形にびっくり!

やっているうちに楽しくなってしまい、何枚も傑作?を生み出すお客さんも...。

仕上がった色紙は、壁一面に並べました。一つとして同じ物がないので、見ていて飽きません。並べて気付くのは、 意外にお客さんの個性も現れる、ということ。スタッフも一緒になって楽しみました。

展示作品

絵画深海 武範

作品

『あつまりました』F100号 わたしは みんなといる時に孤独です。

絵画金丸遥

作品

ノーフォークテリアの親子、ステラとチェロの絵を描きました。

絵画 茂木 あすか

作品

「lines and dots」 見た人にエネルギーを与えるような絵にしたくて描きました。

グラフィック堤 岳彦

作品

実際に手がけた仕事を例に、どのようなコンセプトでデザインしたかを紹介しました。

ライブペインティング 金丸 悠児

作品

Zooにちなんで動物の作品と制作過程を公開しました。

ガラス 菰下由利子

作品

心地良いごちゃまぜ感ある展示を楽しみました。ありがとう。

平面作品『little cosmos』 山内 唯志

作品

作品をつくるときにいつも気を付けているのは、観る人に想像する余地を残すようにする、ということです。 今回の展示では、それを一歩進めてみました。はたして、観ていただいた方々には、こちらの狙いが伝わったかどうか...。

立体作品『zoo cookie』 金丸 遥

作品

YURIGAOKA ZOOにちなんで、動物クッキーを作りました。展示してもよし、食べてもよし、 そんなクッキーです。(キリン,サイ,犬,うさぎ,亀)

『painting for FUKU』 茂木 あすか

作品

日頃美味しいお料理と活力を頂いている浮空への感謝の気持ちと、これからたくさんの方に 親しまれていくようにというエールを込めて描きました。