news

ebc News

ebcは、デザイン、絵画、イラスト、映像、写真、CG、クラフト、そして料理など、ジャンルを越えたクリエイティブ活動をしています。当サイトでは私たちの活動内容や、拠点とする百合ケ丘のアトリエを紹介してゆきます。

アトリエシェアメンバー募集

ebcでは、現在メンバーを募集しています。詳しい情報はこちらよりダウンロードしてご覧下さい。[pdfデータ]

2月21日(日)にカフェ浮空でイベントを開催します!

カテゴリー: イベント — admin @ 2010 年 1 月 31 日1:04 AM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮空イベント「テルミン&マトリョミン演奏会」のお知らせです。

<イベント詳細>

日時  2月21日(日)
    13時~14時・・・演奏会
    14時~15時・・・テルミンワークショップ(テルミンに触ってみよう!)
入場料 前売:800円 当日:1000円(未就学児童無料)
    ※自家焙煎珈琲orロシアンティ+パティシエteruさんのお菓子付き
     ※ワークショップの参加費無料

【テルミンとは】

テルミンは、1920年代にロシアのレフ・セルゲイヴィチ・テルミン氏によって発明された、世界最古の電子楽器。
2本のアンテナの周辺に発生する電界の静電容量を空間に置いた手の位置で変化させ、音程と音量を制御する。
楽器に直接触れることなく音を制御する、珍しいタイプの楽器である。
マトリョミンは、テルミンの音程制御機能を、ロシアの伝統人形「マトリョーシカ」の中に組み込んだ、
日本で発明された楽器で、その愛らしい姿とポータブリティが魅力。

【演奏者略歴】

長田亮子(テルミン、マトリョミン)
 2007年、退職を機に長年の憧れだったテルミン、マトリョミンを習い始める。
習うだけでは飽き足らず、演奏場所を求めてさまよっているところを、このたび「浮空」店主に拾われた。
マトリョミンの名前は「オリガ」。

竹内博之(マトリョミン)
 2007年、ロシア関連の某コミュニティにてマトリョミンと出会い、そのとりこに。
ロシアにおける幅広い人脈を利用し、マトリョミンのロシアへの布教に一役買っている。
ロシアへの渡航暦のあるマトリョミンの名前は「スヴェトラーナ」

三尋木さつき(マトリョミン)
 2007年、マトリョーシカ好きが高じて「歌うマトリョーシカ」マトリョミンと運命の出会い。
愛機「エカテリーナ」とともに、ソロ、アンサンブルで多数の楽曲を演奏。

<予約申し込み&お問い合わせ>

お申し込み、お問い合わせはお電話orメールにて承ります。
 
アトリエebcのウェブサイトのcontactのメールフォーム、
http://www.ebcenter.jp/blog/?page_id=3
もしくは fuku@ebcenter.jp
  
tel&fax 044-951-1603     

担当 舌間(シタマ)まで